2009年~2011年 みやざきみなとまつり

みやざきみなとまつりをどうするか
予算も減り、民間でやらない場合は宮崎市は予算をカットする
そんな話を港関係者に打ち明けられた時は驚いた
私もみなとまつりは最初の1990年から携わっているだけになんとかしたいとの想いもあった。
是非ご協力しましょうとの言葉でプロジェクトが始動した
会場をサンマリーナに移し、最後の花火は事故に心配することなく、海岸線の砂浜から一望できる最高のロケーションだポスターは出水洋一郎、と日高綾さんのコンビ
インパクトなるポスターに仕上がり関係者一同だけでなく観客にも大好評のポスターとなった
最後のフラダンスが終了すると同時に花火が打ちあがる
花火には歓声が巻き起こり、とても印象的だった
宮崎県中部港湾事務所を事務局に宮崎カーフェリーの黒木社長、八興運輸の田北専務などが中心となり、協賛企業も新規でかき集めてくれたばかりかボランティアスタッフも港湾関係の業者から集めていただき感謝している
港関係者の情熱と心意気を深く感じた事業となった
独立して初めての年から3年間、このような事業をさせていただいたことを深く感謝している

2009 2010 2011